輸入家具ショップ 開業予定者限定 事業計画作成パック

個人輸入ビジネスでヒット商品の見つける・作る方法 

輸入ジュエリーショップを始めたい方限定 事業計画作成パック

海外輸入ビジネスはちょっとした仕掛けで驚くほど売れます。そのノウハウを公開しています。

サイトマップ

海外見本市にはチャンスが

日本と海外の商品見本市とでは本気度が違う!

何度か海外の見本市を経験すると実感されるでしょうが、同じ国際見本市でも、国内と海外では様相が大分異なります。



国内の場合は、出展企業の「顔見世挨拶」といった要素が強く、出展企業も業界関係者へのメッセージ発信の場と考えています。

取引のある相手なら、なかなか足を運べない代りの交歓の場で、来場者とはできるだけ多く名刺を交換し、後日改めてアプローチするというのが典型的なパターンです。

しかし、海外の見本市は正真正銘のバイヤーが登場して、その場で商談が始り、即決することもめずらしくはありません。

いい商品があったらその場で即決する判断力が求められる

見本市にやってくるのは百戦錬磨のバイヤー諸氏です。

彼らにとっては買付けが目的。

「詳しくは上司と相談の上、後ほど・・・」などという悠長なことは眼中にありません。

出展者側も事情を理解していますから、見込み客かそうでないかを厳しい目で選別します。

そうした点を皮肉って「日本からの来場者は、カタログと価格表を持ち返るだけの御用聞き」との評もよく聞かれます。

事実、日本から送り込むバイヤーの多くは、最終購買決定権をもたない「サラリーマンバイヤー」が多く、新商品情報の収集を主目的としています。

その場で決断できないようでは、有力なヒット商品候補にめぐり合っても、うまみを独占できる総輸入代理店契約を獲得するのはなかなか難しことになります。

購買権限をもつ人間が自国内の流通網特性や価格体系、競合商品の動向を披露した上で、独占販売の利を説けば、機先を制して総輸入代理店契約交渉もスムーズに進むというものです。


国際ビジネスへの挑戦は、現状打破の切り札!

海外売れ筋商品の輸入ビジネスにしろ、海外市場への輸出ビジネスにしろ、こうした国際見本市への参加によって海外ビジネスへの道筋をつけることは、中小企業経営に幅広い展望と可能性を開くことになり、現状打破の大きな原動力になります。

権限をもった人間をこうした機会にどんどん送り出し、どのようなビジネスチャンスがあるかを直接目にして、それを活用することをぜひお勧めします。

海外から直輸入。高級ブランド品を激安で購入する方法
コツとテクニック
商品発掘と最適な流通経路
海外商品のヒットのさせ方
輸入ビジネスの基本スタイルを確認
ヒット商品品例1
ヒット商品品例2
ヒット商品品例3
ヒット商品品例4
ヒット商品品例5
ヒット商品品例6
リスクの少ない海外商品
ヒット商品の傾向
より高い利益率が見込める商品
その商品が売れそうかどうやって判断するのか
女性購買層からヒット商品
市場調査
海外の商品見本市でヒット商品発掘
海外見本市を回るポイント
出展ブースでの商談
海外見本市にはチャンスが
海外の小売店、雑誌、商品カタログをチェック
日本で海外商品を発掘する1
日本で海外商品を発掘する2
日本で海外商品を発掘する3
海外商品の価格設定
国内販売価格の2大要素
競合商品・市場需要を勘案して価格を決める
消費者の購買心理から価格を決める
日本風にアレンジ
こんな商品を作ってくれと依頼する
ネーミングが売上を左右する
海外メーカーからの商品提案を募集
旬な流通経路を利用
素早い引き際
日本の常識は通用しない
日本の商習慣を理解してもらう
日本の購買傾向を理解してもらう
国際ビジネスでの交渉力の磨き方
国際ビジネス交渉は急がず慌てず焦らずに
あらゆる事態を想定する
ちょっとだけ自分が優位に立つ
交渉成功の話術
取引を積極的に
中国メーカーの選び方絞り方
価格交渉のノウハウ
アイデアと技術を発掘
商標や特許
商品案内の作り方
不良中国製品の見抜き方
自分の会社をビッグに見せる
サンプル品の取り寄せ方
人間的な魅力を身につける
ユーモアセンスを身につける
海外人脈の作り方
【速報!!全国ビジネス情報雑誌、BIG tomorrowに3度目の掲載☆】自宅にいながら、中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』
リンク集
大須賀祐の『The 輸入ビジネス2008』完全収録DVDセット
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】
s0020【楽販アフィリオ】自宅にいながら、中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
お金 ローン



個人輸入ビジネスでヒット商品の見つける・作る方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。